婚約指輪について

男性から女性にプロポーズする時に渡すのが婚約指輪ですが、男性だけで選ぶ場合のポイントは知っておくべきでしょう。

rainbow

Archive for the ‘婚約の際のマナー’ Category

婚約指輪をもらったらお返しするの?

結婚に関する意識も時代に流れとともに様変わりしていますので、今は仲人を立てたり、結納や婚約式をしたりという面倒な事はカットして簡単に済ませる事も多くなっています。

簡単に済ませるといっても、入籍だけの場合もあれば、身内だけのパーティー、2人だけの挙式とスタイルも違いはあります。

しかし婚約指輪と結婚指輪は用意するカップルも多いので、婚約指輪用に貯金をしている彼氏も多いかもしれませんね。

面倒な古臭い形式は無視できても、婚約指輪を受け取ったら半返しするのがマナーです。

結納金などがなくても婚約指輪をもらったら、半返しするのが大人としてのマナーと覚えておいてください。

どんなに親しい間柄でもマナーだけはわきまえておきたいものですね。

半返しと言っても必ずしもきっちり半額の物を選ばなくてはいけないという事ではありませんし、中にはお返しの方が高くなるケースもあります。

ここはカップルによる違いもありますが、多くの場合男性から女性に贈るダイヤモンドリングのお返しとして、女性から男性には時計を半返しするのが一般的です。

彼氏の希望があるなら、希望の品を選ぶのもいいと思いますが、何にしていいかわからない場合は、時計を選んでおけば間違いないでしょう。

婚約指輪のデザインやブランドにこだわりがあるのと同じように、男性にも時計にこだわりを持つ人がいます。

この場合はあらかじめ、好みのブランドや種類を聞いておくのもおすすめです。

お互いの金銭感覚も重要です

海外セレブや芸能人は、婚約や結婚報道がある時にとても高価な婚約指輪も注目されます。

一般の人でも高級ブランドで婚約指輪を購入する人はいますが、購入費用の予算は人により違いもあります。

女性なら誰もが大きなダイヤモンドの婚約指輪に憧れますが、海外セレブのように何百万円や何千万円もする高級ブランドのダイヤモンドリングを購入できるのもごく一部の人です。

実際に自分が彼氏から婚約指輪を受け取る時に、ダイヤモンドが思っていたよりも小さくて、ちょっとがっかりしてしまう人もいるでしょう。

しかしダイヤモンドは大きければいいというわけではありません。

もちろん海外セレブのように、大きくてグレードの高い婚約指輪を貰えれば喜びも大きくなりますが、大きくてもダイヤモンドのクオリティが低ければ価値として見た時に婚約指輪にはふさわしくない場合もあるからです。

小さいダイヤモンドでもハイクオリティの物は値段も高くなります。

金銭感覚や価値観は、育った環境が違えば当然違ってきます。

▼参照ページ・・・→http://manners-info.com/archives/26995040.html

見た目ばかりにこだわってしまうと、彼氏の気持ちを素直に受け取る事ができなくなってしまいます。

人気ブランドの婚約指輪ならダイヤモンドが小さくても、ブランド名に恥じないハイクオリティの物を選んでいます。

ダイヤモンドは大きさではなく、品質が重要なのでここは女性も理解する優しさや気配りは必要かもしれませんね。

婚約指輪をもらったら半返しでお返しをする事も覚えておきましょう。