婚約指輪について

男性から女性にプロポーズする時に渡すのが婚約指輪ですが、男性だけで選ぶ場合のポイントは知っておくべきでしょう。

rainbow

婚約指輪をもらったらお返しするの?

結婚に関する意識も時代に流れとともに様変わりしていますので、今は仲人を立てたり、結納や婚約式をしたりという面倒な事はカットして簡単に済ませる事も多くなっています。

簡単に済ませるといっても、入籍だけの場合もあれば、身内だけのパーティー、2人だけの挙式とスタイルも違いはあります。

しかし婚約指輪と結婚指輪は用意するカップルも多いので、婚約指輪用に貯金をしている彼氏も多いかもしれませんね。

面倒な古臭い形式は無視できても、婚約指輪を受け取ったら半返しするのがマナーです。

結納金などがなくても婚約指輪をもらったら、半返しするのが大人としてのマナーと覚えておいてください。

どんなに親しい間柄でもマナーだけはわきまえておきたいものですね。

半返しと言っても必ずしもきっちり半額の物を選ばなくてはいけないという事ではありませんし、中にはお返しの方が高くなるケースもあります。

ここはカップルによる違いもありますが、多くの場合男性から女性に贈るダイヤモンドリングのお返しとして、女性から男性には時計を半返しするのが一般的です。

彼氏の希望があるなら、希望の品を選ぶのもいいと思いますが、何にしていいかわからない場合は、時計を選んでおけば間違いないでしょう。

婚約指輪のデザインやブランドにこだわりがあるのと同じように、男性にも時計にこだわりを持つ人がいます。

この場合はあらかじめ、好みのブランドや種類を聞いておくのもおすすめです。

Comments are closed.